木造住宅における収納スペースの意外な効果

住宅選びに意外と見落としがちな収納を良く考えてみてください。収納力のある部屋は広くなくとも快適です。

住宅選びは収納が肝心

木造住宅における収納スペースの意外な効果
住宅選びで、意外と盲点なのが収納ではないでしょうか?住宅選びではまず「南向き」だとかいった日当たり、そして「トイレバス別」なんて事が一番最初に上がるのですが、もちろんそれも大事ですが、そんな事は条件と呼ぶにはあまりに当たり前すぎです。部屋の広さばかりを気にして選ぶよりも、実は収納がとても大事です。収納力があれば、部屋自体がせまくてもとても快適に暮らせます。どんなに荷物が少ない人でも、一番持っているものは絶対に服です。服の収納のためにやれ箪笥だの衣装ケースだのをわざわざ買い、しかもそれを並べるための莫大なスペースが必要となり、下手すると服の収納スペースだけのための部屋が一つ必要になってしまいます。
ところが、収納のためのクローゼットが大きいとこのクローゼットだけで全ての服が収まってしまいます。それで一部屋のスペースをつぶすことなく生活ができます。また、服用のクローゼット以外にも納戸のような収納スペースがあると、さらに便利です。普段は使わないけれど必要なものなどを入れておけるからです。冬用のブーツから、ドライバー等の工具類、はたまた良く使うけれど出しっぱなしにはできない掃除機など、収納スペースがあればこまごましたこれらの物が隠して収納でき、センス良く暮らせます。もっと欲を言えば脱衣所や洗面スペース、トイレ、等の各部屋ごとに収納があれば、部屋自体はせまくても、本当にすっきりかつセンスよく暮らせるものです。ですから住宅選びには収納力をよく考えてみてください。

関連サイト