木造住宅における収納スペースの意外な効果

マンションや狭小住宅の部屋は限られたスペースでは、たくさんのものを効率よく収納するには工夫が必要です。

狭小住宅での収納方法

木造住宅における収納スペースの意外な効果
一戸建てや注文住宅は別として、マンションなどの狭小住宅はスペースを考えて収納しないと物に埋まった生活になってしまいます。住まいの収納スペースは、住戸の床面積の15パーセントくらいが理想といわれています。ワンルームマンションなどは特に収納センスが問われるでしょう。収納方法として、部屋がすっきりとして見える壁面収納がおすすめです。壁全体を収納にすることで凹凸のない広い収納となります。ただし広くしすぎると壁全体からの圧迫感が出てきます。そこで壁面収納の圧迫感を無くす方法として、壁の真ん中あたりに収納ではない空間をとると圧迫感が和らぎます。その空間には壁面に絵を飾ったり、小物を飾ったりすると効果的です
次に収納の方法ですが、しまうものと飾るものを明確に分けると使いやすくなります。記念品や普段あまり使わないものは押入れの奥や天袋などにしまい込んでしまっても問題なく、また季節外の衣類も箱などに入れて奥にしまってしまいます。逆に毎日使うものは収納の手前に配置し、高さも手の届きやすい位置にします。踏み台を使わないと届かない場所や、腰をかがめないと取り出せないような高さに置いてしまうと、毎日の出し入れがストレスにもなります。趣味で集めた小物やきれいな食器など飾っておきたいものについては、ガラス扉のキャビネット内に飾ります。このようにメリハリのある収納にすることで狭小住宅でもスペースを有効に使った収納ができ、また収納するという楽しみも増えます。

関連サイト